アロマテラピーをやってみよう

アロマテラピーは、植物の香り(精油)を使って、身心の不調なところを癒やし、健康を維持するために手助けする芳香療法です。
また、アロマ(香り)とテラピー(療法)を組み合わせた言葉です。

今ではサロンや病院でも、アロマテラピーを取り入れているところがたくさんあります。
アロマテラピーは、植物から精油を抽出し、キャリアオイル(基材となる植物油)で希釈して、マッサージによる施術を行い、香りを吸入することにより、身心のバランスを整える療法です。

20世紀になり、イギリスから精油の持つ力を利用したアロマテラピーが日本に紹介されてから、日本でもアロマテラピーの施術が盛んになりました。
アロマテラピーのリラクゼーション効果を利用して、美容、教育、スポーツの分野、緩和ケアや介護福祉や出産のケアに取り入れられています。

古代エジプトでは、芳香性の植物は医学、化粧やミイラの保存のために用いられました。
貴重な香りは位の高い王族が用い、女王クレオパトラはキフィやバラの香りを愛でたと言われています。
香りは、嗅覚でとらえ、ヒトの食欲、生殖欲や睡眠や喜怒哀楽に影響を与えます。
アロマテラピーは、精油を使って人の嗅覚と触覚を刺激し、心、体と皮膚へ働きかけ癒します。

家庭でも簡単に、温めた手でオイルトリートメントを行うことが出来ます。
優しくさするタッチングは体をほぐし、頭の疲れをとり除きます。
アロマテラピーは、好みの香りに、精油を調合すると心地よいヒーリング療法となります。

このページの先頭へ