ホホバと精油をブレンドする

ホホバオイルは、薬効的効用と精油のキャリアオイル(基材)になり、ブレンドして体のトリートメント(マッサージ)に使われます。
原液をそのままつけてもいいのですが、多くは精油や化粧品に配合されて使われています。

ブレンドしたアロマオイルは、頭のてっぺんからつま先まで多用途に使われて、ヒーリングに役立っています。
仕事や人間関係で悩み、ストレスを抱えたとき、心と体をリフレッシュさせなければなりません。

お風呂の半身浴は、かなり効果があります。
カモミール・ローマン1滴とラベンダー2滴の精油をぬるま湯に入れて、半身浴をしながら、香りを肺の中に吸入する腹式呼吸を何回もして、心をリラックスさせます。

ストレスによる肩こりの症状の時は、ホホバオイル30mlにメリッサ2滴とラベンダー4滴をブレンドしたオイルを使います。
両手にマッサ―ジオイルを伸ばし、耳の付け根から肩全体をもみます。
血液循環の良い入浴後に行うと効果的です。

せき、のどの痛みや鼻づまりの時、ホホバオイル30mlにローズマリー3滴とペパーミント1滴をマッサ―ジ用にブレンドします。
手のひらでオイルを温めて、片手で胸のあたりをさすります。
香りを鼻から吸入することで、鼻づまりやのどの痛みに効きます。

おしゃれをしたいときは、練り香を作ってみましょう。
ホホバオイル15mlに、ビーワックス(蜜ろう)をプラスし、ジャスミン3,4滴を入れてブレンドし、手首や耳たぶの後ろに少しつけて香り美人になりましょう。

このページの先頭へ