アロマの香り

香りは嗅覚から脳へ伝わるものと、皮膚や粘膜から体中へ伝わる二つの伝達手段があります。

香りを嗅ぐと、エッセンシャルオイル(精油)の香りは、嗅毛内の嗅細胞を刺激し、嗅神経に伝わり、脳の大脳辺縁系というところがキャッチします。
この部分は本能に関係するところで、香りの刺激は感情、気分や記憶をコントロールします。
大脳辺縁系の近くには、自律神経や内分泌系を調節する中枢系器官があり、香りは全身に影響し、体調を左右します。

もう一つは、香りは皮膚や肺から血管へ入り、血液により全身に運ばれます。
植物オイルを基材にしたアロマオイルでトリートメントをすると、オイルに含まれる美容成分が毛細血管やリンパ管に伝わり、体内を循環します。
香りは皮膚内を保護したり、配合成分により気管支炎の症状を和らげます。
不要な成分は、汗、尿や便として排出されます。

精油とキャリアオイルと配合し、いろいろなアロマの香りを作り、芳香療法に役立てることが出来ます。
スプレー容器にアロマオイルを入れて使う時は、無水エタノールを基材オイルとして使います。

毎日がストレスの連続の現代人には、花の香りのアロマオイルやアロマスプレーを使うと効果があります。
心を落ち着かせるには、無水エタノール5mlと精製水25mlにラベンダー2滴、ゼラ二ウム2滴やフランキンセンス2滴をブレンドして体にスプレーしましょう。

ストレス解消には、爽やかな南国の香りが効果的です。
ミント系の香りや森林の香りなど、好きな香りを楽しみましょう。

このページの先頭へ