ホホバとハーブの暮らし

精油の特性は、抗菌や殺菌作用、消毒作用があります。
ホホバオイルのようなキャリアオイルとブレンドして、皮膚や体のトリートメントのためのアロマテラピー用だけではなく、家の中の掃除や消毒にも使うことが出来ます。
また、ハーブと一緒に飲み物にもなります。

時には、ハウスクリーニングに香りを楽しみながら家事をしましょう。
ビーカーに無水エタノール30mlに精油のペパーミント10滴とユーカリ15滴を入れて混ぜ、それに精製水70mlを加えてブレンドします。
容器に入れ、モップや布にスプレーして使います。
使用前は容器をよく振って、分離しないように混ぜます。

生ごみや不快なにおいい消しにも、アロマの香りが活躍します。
ビーカーに無水エタノールを35ml入れて、精油のユーカリ10滴とレモン10滴を加えて混ぜます。
それに精製水15mlを入れ、全部を混ぜ合わせます。
消臭スプレー用にブルーか茶色の容器で保存します。

勉強の時は、ディフューザーを使って香りを放散すると、集中力アップにつながります。
ペパーミントやユーカリは、集中力を高めるのにとても効果があります。
勉強や掃除の休憩には、ハーブティでリラックスしましょう。
耐熱ポットにタイム、ペパーミントやレモンバーベナを小さじ1/2ずつをブレンドし手入れ、お湯を注ぎ、3~5分間蒸らして飲むと気持ちがリフレッシュします。
一日の終わりに、リラックス作用や発汗作用があるリンデンフラワーと、気分を明るくするローズのハーブティは、体を温めるので良い睡眠を約束してくれます。

このページの先頭へ