アンチエイジングに対処

肌の老化現象をエイジングといいます。

スキンケアは、早いうちから行うことが大切です。
日々の生活で私達は、紫外線をシャワーのごとく浴びます。
肌機能を劣化させる最大の原因が紫外線です。
紫外線や気候により、肌は乾燥してカサカサになります。

また、ストレスや睡眠不足で、肌はザラザラになり老化してしまいます。
特に、加齢とともに肌の回復は遅くなります。
放っておくと、エイジングが肌に現れてきます。

10代の頃は皮脂分泌も活発で、ニキビに悩まされる人もいますが、20代に入ると皮脂分泌がノーマルになり、角質層の水分と真皮のコラーゲンは正常に保たれます。
20代後半からは、毎日のスキンケアを習慣化することが重要です。
スキンケアを怠ると、加齢によって、肌トラブルがたくさん出てきます。
シミ、シワ、たるみ、毛穴の開き、くまやくすみなど一度に出てくる人もいます。

正しいスキンケアは、自分の肌質をきちんと把握して対処することです。
気候、ストレスや睡眠不足で肌質が変わるので、そのときどきに合わせることです。

乾燥肌の場合は、化粧水で充分保水し、美容液でシミをパッティングします。
その後、乳液クリームで水分を蒸発させないように、バリアをはりめぐらします。

オイリー肌なら、クリーミィな弱酸性の洗顔料を使用し、洗顔をこまめにして、毛穴を清潔に保ちましょう。
角質層のセラミド不足のため、保湿用化粧品で、うるおい肌に戻さなくてはなりません。
洗顔後、保水し乳液クリームで保護するのが肌ケアの基本です。

このページの先頭へ