美肌を保つために

ホホバオイルは、ヒトの皮脂と似た成分を持っているので、肌への浸透力と保湿力があり、美肌作りに最適なオイルです。
ホホバオイルには、ビタミンEが含まれているので肌になじみやすく、保湿や全身のマッサージに適しています。
クレンジング用として使うこともでき、小鼻の角栓もよく落ちます。

ロウの形のエステルには高級脂肪酸と高級アルコールが含まれ、脂肪には高級脂肪酸とグリセリンが含まれています。
ワックス(ろう)なので、熱に強く、酸化しにくいので、品質が長い間変わりません。
ワックスエステルは紫外線を遮断する働きもあり、皮脂が足りない乾燥肌や過剰すぎる脂性肌を整える働きもします。

ホホバオイルは、肌を乾燥や紫外線から守り、マッサージによって血液やリンパ液の循環を良くし、コラーゲンの生成を促進します。
皮脂膜や細胞内の脂質は脂肪酸やグリセリン、汗、レシチン、セラミドなどで出来ているので、皮脂膜の補助のために化粧水や植物オイル、グリセリン、乳液やクリームが必要です。

基本は洗顔、化粧水、乳液クリームで保護することです。
ホホバオイル入りの洗顔料を、化粧水はホホバオイルの特性を生かしたものを、皮脂の代わりとなるものとして油分入りのクリームやジェルを使い、肌からの水分蒸発を防ぎます。
美肌作りは油分が一番大切で、酸化しにくい未精製のオイルを選ぶことです。
食事からも補うことが大切で、食物繊維の多い無農薬野菜や発酵食品を摂り、良質の睡眠は美肌へ導きます。

このページの先頭へ