ニキビが出来たとき

青春のシンボルといわれるニキビは、脂性肌の人に多く見られます。
ニキビや吹き出ものの予防に、ホホバオイルは効果があります。

また、ビタミンC入りの化粧水も効果的です。
ビタミンCには皮脂の炎症をおさえ、アクネ菌増加を予防します。
レチノール(ビタミンA酸系統)より刺激が弱く、ビタミンCは毛穴に浸透し、コラーゲンを増やし、皮脂殺菌作用があります。
ニキビ用化粧品が多く出回っている中、肌を乾燥させすぎてしまうものがあるので、敏感肌用の化粧品を選択することです。

女性ホルモンや自律神経のバランスが悪い時も、ニキビが出来やすくなります。
油分の多いファンデーションを使うと、ニキビを悪化させることがあるので、注意しなければなりません。
オイリー肌の人は、パウダー系のファンデーションが良く、保湿成分が含まれているので、肌をしっとりさせます。

ニキビの最大な原因はホルモンバランスの乱れからくるので、皮膚に免疫力をつけ、ニキビに向く栄養成分を摂取することが大事です。
ビタミン類や食物繊維の豊富な食材を摂ることです。
ビタミンB1、ビタミンB2やビタミンEは皮脂の分泌を少なめにする食品なので、豚ヒレ、鶏レバーやアーモンドなどが向いています。

便秘もニキビの原因になるので、豆類や緑黄野菜類に含まれる食物繊維を摂取することです。
一度出来たニキビを手でつぶすと、菌がついたり、痕が長い間残るので、適切な処置は肌を守るうえでとても大事です。

このページの先頭へ