シワとたるみの予防法

肌は加齢とともに、肌機能が働かず、弾力が失われてきます。
シワが出来て、フェイスライン、ほお、首すじや口角が垂れ下がります。
たるみは、肌の重さを支えられず、たるんでしまう状態です。

シワやたるみは加齢でできるのが主ですが、紫外線やライフスタイルも原因になります。
真皮内のコラーゲン繊維、エラスチン繊維が網の目のように張られ、ヒアルロン酸と共に、弾性を保つ働きをしていますが、加齢により働きが鈍り、肌のハリや弾力を低下させてしまいます。

シワやたるみの原因は、UVA(紫外線A波・超波長紫外線)です。
A波は真皮にまで到達し、老化を促進します。
対処するには、SPF値とPA値の高い紫外線吸収剤の化粧品を使用したり、肌にやさしい紫外線散乱剤の日焼け止め化粧品を使います。

ストレスや睡眠不足も、シワやたるみの原因になります。
肌の弾力がなくなって出来る真皮ジワ、表皮の乾燥でできる乾燥ジワなどあります。
乾燥ジワはクリームなどで治すことが出来ますが、真皮ジワには、保水と油分の入ったクリーム(保湿クリーム)で対処しなければなりません。
フェイスライン、ほおのたるみ首筋のシワにはマッサージが大切で、ホホバオイル入りモイスチャ―クリームを使います。

たるみも根本的に、シワと同じ原因でできます。
目元の縮緬ジワ、涙袋のたるみ、ほおにたるみや口元にほうれい線が出来ます。
フェイスラインの皮膚がたるむと、ニ重あごになります。
シミやたるみにはコラーゲンを増やすことです。

このページの先頭へ