頭皮マッサージをする

健康的な髪は、髪自体にハリとつやがあります。
パサツキ髪やべタツキ髪のことではありません。

髪の成分の99パーセントはタンパク質でできており、タンパク質が減少すると、髪が傷みます。
日焼けは頭皮や髪質を衰えさせます。
ダイエットのしすぎや栄養の偏りも、髪に良くありません。

髪の性質は弱酸性なので、毎日の髪ケアと頭皮マッサージが健康な髪を保つ秘訣です。
ブラッシングよりも、頭皮(スカルプ)ケアが大切です。
頭皮は皮脂分泌量が盛んなところで、乾燥しにくいため、毛根に皮脂が詰まりやすくなります。

そのため、細菌が繁殖し、かゆみが起こります。
かゆいと爪を立ててしまい、傷をつけることがあります。
頭皮ケアをおろそかにすると、毛根に皮脂がつまるため、新陳代謝がうまくいかなくなります。
また、ストレスや喫煙も新陳代謝を鈍らせます。

頭皮の血行が悪くなると毛根に栄養が行かず、抜け毛や薄毛になってしまいます。
髪の毛の外側のキューティクル(もう皮)で、髪の内側を守る役目をしています。
キューティクルは固いのですが摩擦には弱い為、強めのブラッシングはキューテクルをはがしてしまいます。
キューティクルが傷つくと、髪の内部のタンパク質や水分が流れ出て、保水力を失い、はがれた部分が枝毛や切れ毛になります。
髪はパサパサし、タンパク質もなくなります。
そのため、髪はハリやつやを失くします。
美しいつやのある健康な髪を維持するには、ホホバオイルのトリートメントで、キューティクルを守ることです。

このページの先頭へ