シミを作らないために

肌は紫外線を浴びると、表皮の基底層のメラノサイト(色素形成細胞)でメラニン色素を作り出し、皮膚に沈着してシミになります。
紫外線を浴びると、表皮で行われる新陳代謝が非常に鈍くなります。

シミの原因は、メラニン色素の量の増加によるものです。
紫外線から皮膚を守ることが、シミを作らない対策法の一つです。

日射しの強い場所は出来るだけ避け、日傘やホホバオイル入りの日焼け止めクリームを首すじ、耳の後ろや肩のデコルテ部分に塗布することが非常に大事です。
加齢により、メラノサイト工場は、細胞を活性する力を失い、代謝もスムーズにいかなくなります。
紫外線を毎日浴びるので、30代からはUVAとUVBケアや美白ケアが大切ですし、出来たシミはホワイトニング化粧品で治療します。
紫外線をしっかり防ぐパウダーファンデーションや、ビタミンCの主成分の化粧品を選ぶことです。
特にアウトドア用日焼け止め化粧品は、SPF値やPA値の高いものが効果があります。

シミの一種で、女性はホルモンの乱れから、肝臓の色と似ていることから命名した肝斑になることもあります。
ニキビや湿疹の後に、残った色素沈着やソバカスもシミの一種です。

シミは肌が乾燥しているとき目立つので、肌をこまめに保湿する必要があります。
ビタミンCは、メラニンを薄くする作用があります。
ビタミン類の多い食材を体の中に摂り入れることです。
タンパク質を中心にビタミン類、ミネラル食物繊維の摂取は、美肌には欠かせません。

このページの先頭へ